除草作業を終えて、祈る日々。


こんにちは。
今日の担当は裕美(嫁)です。
かな~り間があいてしまいました…ごめんなさい。三人とも元気にしています。

前回の馬場ブログを見て、彼は動物や植物との距離が近いなぁと感じました。気持ちに寄り添えるというか。私にはない視点もたくさんあるので、勉強になります。とんんぼ、よくつかまえられたなぁ。。(昔はつかまえられたけど、大人になったら難しくなった)

さてさて。5月末から始めた除草作業、7月15日をもって完了しました。

正確にいうと、完了ということにしました、です。毎年ですが、完璧に除草しました!ということはなくて、優先順位をつけて、できる限り頑張るというかんじです。

今年は9年間で一番多くの面積の手取り除草をすることができました。手取り面積、毎年更新しています。すごいです。

陽佑⇒乗用の機械除草と手押しの機械除草ののち、手取り除草
馬場⇒手押しの機械除草
裕美⇒母と交代交代で、手取り除草

こんなかんじで役割分担していました。

父と母、そして小友のばっちゃんたちや同級生、岩手大学生、草とりイベントに来てくださった方々と、手で取りまくった日々。

おかげさまで、稲たちすごく元気にしています。ありがとうございました。

今年よかったこと。
・よい種を選別できた
・先輩農家に教わって代かきを改善できた
・よい苗をよい状態で植えられた
・手植え面積を広げられた
・よい水管理ができた

稲元気、草も元気だけど、少なめだし小さなうちに取れたように思います。

よい春~夏の始まりを過ごさせてもらって、協力してくださった方々、見守ってくださった方々に感謝します。

私たちが頑張ってどうこうできるのは、草とりまで。水管理は続きますが、あとは天気がどうなるか。稲たちを信じて祈る日々です。もっと夏らしく、晴れて気温が上がりますように。

久々のブログ、書いたら落ち着いてきました~ 自分たちにとっても、出来事や気持ちを整理できる大切な場所だなと感じています。

いつも見てくださって、ありがとうございます。

 

いいねと思っていただけたら、下のボタンをぽちっとしていただけると嬉しいです。