最近の稲たちの様子と、梅酒づくり。


こんにちは。
今日も裕美(嫁)が担当していきます。

遠野もついに暑くなってきました。全国的にあつあつですね! 岩手の予想最高気温、沖縄と一緒でした。エアコンなし・西日最強の我が家では、とろけそうな予感です。

稲たちにとっても、この暑さは喜ばしいこと。田の水の見回り中。ちょっと心配。。だけど信じます。

「遠野4号」という、この土地で生まれた品種は、根元がぷっくりしてきました。穂を出す準備中です。
遠野4号の根元。ぷっくりしてきました。ありがとう。

ただ…7月の日照不足と低温が、どのくらい影響するか。背丈が小さいもの、分げつが少なめのものもあるので、心配なところも。

昨年までは、3年連続で8月の天気がよくなかったので、それがスタンダードになっていくのだろうなと予想していました。今年は早めの7月に、よくない天気が続いて。わからないものですね。

小学校でならった、東北の夏の”やませ”を体感した年でした。

ここまでくれば、人間にできることは限られるので、稲たちの声を聞きながら、おてんとさまに祈りながら、しっかり見守ります。

最後に。
ご近所さんから梅をたくさんいただいたので、初めての梅酒づくりをしました。

まずはよく洗って、よくふいて。
一人でやる梅仕事は、ほぼ初めて。ちょっと憧れてたの。

黒糖焼酎で仕込みました。氷砂糖ではないので、カビが生えやすい?という説があり、試しに梅を冷凍してから。そうするとなんぼかいいみたい。
そのままでも美味な黒糖焼酎。梅とのマリアージュがほんと楽しみ。
お酒はほとんど飲めない陽佑氏、まだかなぁ楽しみだなぁと、毎日ビンを見ています。おそらく私がほとんど飲みますが(笑)、手作りの楽しさを二人で感じられた出来事でした。

しばらく暑い日が続きそうですね!
皆さんも、夏のおいしいものものを堪能できますように。あぁすいか食べたい…

ありがとうございました。

いいねと思っていただけたら、下のボタンをぽちっとお願いします♪ いつも読んでくださってありがとうございます。