「自然と共に生きる暮らしを味わう会~春の巻・田植え~」を開催しました。


こんばんは。陽佑です。またまた、久しぶりの更新になってしまいました。申し訳ございません!

6月10日の土曜日、「自然と共に生きる暮らしを味わう会~春の巻・田植え~」を開催しました。お越し頂いたお客さま、岩手大学の学生、小友のばっちゃんたち、合わせて50名弱で田植えを行いました。
2017年6月10日、田植えイベント集合写真。

お越し頂いた皆さま、ありがとうございました。いつも感じますが、お越し頂くお客さまや子供たちの姿から、私たちがやっていることの「やりがい」や意味を学び、小友のばっちゃんたちからは、こんな姿を残していきたいという私たちの将来像を感じ、私たちにとって学びの多い時間となります。
ずらっと並んで手植え開始!

小友マダムあらため、小友アイドル(キャンディーズ??)。

皆さまと一緒に植えた田んぼで、今年の田植えが終わりました。これで、一安心です。あとは、ひたすら除草作業です。7月の草取りの際は、今度は自然と共に生きるって大変だなと感じてしまうかもしれませんが(笑)、またお会いできること、楽しみにしております。

当日は、天気予報は雨でしたが、なんとかお昼頃までは持ちこたえてくれたのでよかったものの、後半には雨が降り出し、最後の方には滝かと思うほどの大雨が降ってきました。大変な天気となってしまい、申し訳ございませんでした。そんな中でも皆さまと一緒にびしょ濡れになりながら田植えを終わらせることができたことは、今年の思い出になりました。

雨の中で田植えしたお米が秋にはどんな風になるのか、私たちも楽しみにしています。また、今年の田植えは、「亀の尾」ではなく、「遠野4号」と「と系23号」という遠野で生まれた昭和初期の品種を植えました。どんな味になるのか、楽しみです。

雨に打たれた後に皆さまと食べたお昼ご飯、最高に美味しかったです。
ごはん風景。おにぎりは岩大生たちがたくさんにぎってくれました。感謝。

楽しい一日をありがとうございました。それでは、簡単ですが今日のブログを終わります。

最後に、いつもの「ぽちっと運動」にご協力いただけると嬉しいです。今日もご覧いただき、ありがとうございました。