「特急が来た。」 ※草とりのお話です。


こんにちは。
本日の担当は裕美(嫁)です。
ちょっと簡単なブログになるかもですが、どうぞお付き合いください^^

手植えのち手取り除草。今週6/17から、手取り除草を始めました。
オモダカフィーバー、再びの予感。稲が勝つか。勝てるようにするね。

例年より草が小さい(多いけど)ので、思いがけず速く進んでいます。すでに2反歩の田んぼ2枚、全部取りました。速すぎ。

この田んぼ(2反歩)、半日+半日の半分(計6時間)で終わりました。
例年は、2週間掛けてこの田んぼを完了させてました。

主なメンバー
・地元のばっちゃんたち
・勘六縁(父、母も含む)

ばっちゃんたちは、私たちの3倍速です。冗談ではなく。

一人3列ずつ担当するとして、私が1往復するとしたら、ばっちゃんたちは3往復かそれ以上。

それでも私たち、速くなったと思うんです。9年目ですもの。なのに、正直ちょっと追い付けない。すごいです、ばっちゃんたち。

先日、父が田んぼの中でおもむろに、「特急が来た」と言いました。
ご注意ください~特急列車が通過します~

陽佑「ん?何言ってら?」
父「ばっちゃんたち、特急列車だじぇ」
陽佑「…うちらは鈍行列車だな」

ばっちゃんたち、待ち合わせすることもなく、過ぎ去って行きましたとさ。

速く進むコツは、両手で取って、できるだけ腰をあげない(伸びをしない、休まない)なのかなと陽佑氏と話しています。やってみるんだけど、無理無理。30分で無理。

毎日午前中の4時間、楽しそうに話しながら、超特急で草とりしてもらってます。感謝です。

あと1ヶ月、手取り除草期間があるので、ばっちゃんたちのやり方や姿勢、楽しみ方を勉強させてもらいます。よろしくお願いします☆

今週もおつかれさまでした。週末もお仕事の方、ファイトです★
今日も一日、ありがとうございました。

いいねと思っていただけたら、下のボタンをぽちっとお願いします♪ いつも見てくださってありがとうございます。