さんぽで見つけた、小友の魅力。


こんばんは。
本日の担当は、裕美(嫁)です。

日曜日、小友町をいろいろ歩いてみましたら。魅力を再発見しました。

きれいなブルー(すこし緑がかった)の川。
その背中 押しちゃう?どーする? 迷いどころ

いま20歳くらいのお子さんのお母さんが、「昔はよく子ども連れて泳いだのよ~」というこの川。
泳ぎたい きっと凍える 間違いない

浅瀬があって、ぐっと深くなる場所もあって。泳げそう、泳ぎたい。と思いつつ、私は考えました。小友の川は真夏でも超つめたい。今は秋のはじまり。私、きっと、凍える。

私は踏みとどまりましたが、たぶん小友出身者の皆さんは大丈夫なのだろうと思います。田舎暮らしのポテンシャル、すごいんです。憧れます。

山道をのぼっていくと、山の中へつづく小道、というか径(こみち)がちょこちょこ。なんだか誘わている気がして、すいーっと入っていきたくなるような、不思議な感覚。 
なんだろう 誘われている 気がしてる

ここは、川でどうのこうのした蛇が、どうのこうの…という言い伝えのある径らしいです(ざっくりでごめんなさい)。

とある方のお家の前を流れる川。
せせらぎと 鳥の鳴き声 風の音

なんか、こんなきれいな川が家の前にあったら、あれやこれや欲しいものがなくなる気がする。豊かってこういうことなのかなと感じてきました。

田んぼで畔の草刈りをするばあちゃん。
ばあちゃんと 稲があって 一つの景色

腰が曲がって、その角度120°くらい。畔の草刈りにぴったりの角度。手際のよさ。黄金色の田んぼに馴染む、その姿。

う~ん、素敵。

小友町は1区~5区まであって、私たちが住んでいるのが2区。お借りしている田んぼも2区と4区にあって、5区の方へ会いに行ったり、3区を通ったりしています。

それぞれ見どころがあって、いい景色だらけなのですが、日曜日に知ったのは1区の魅力。今までほとんど行ったことのない場所だったので、とても新鮮でした。

すごい1区。おそるべし1区。日本のチベット、ここにありという感じです。また陽佑氏に連れていってもらおうっと。

 

秋の雰囲気が増してきて、つまり食欲も比例していくこの季節。皆さんもおいしいものにいっぱい出会えますように。

今日も一日、ありがとうございました。

 

いいねと思っていただけたら、下のボタンとぽちっとお願いします♪ いつも読んでくださって、ありがとうございます。