勘六縁の自然栽培

環境に配慮した、持続可能な農法です

勘六縁では以下の5つを守っています。

栽培方法:無肥料・無農薬

山の木や草や花は、農薬や肥料なしでも育ちます。そんな自然の姿を手本とし、農薬や肥料(化学肥料・有機肥料を問わず)を使わずに栽培しています。

種づくり:自家採種

収穫したお米を種として使います。この工程を繰り返すことで、この土地に合った種へと変化します。

苗づくり:
苗床の土作りは100パーセント手作り

自然の循環を再現するため、勘六縁で収穫した稲わらと田んぼの土、発酵を促すための少量の玄米を使って育苗土を作っています。自分たちの田んぼで全ての材料が揃う苗づくりを行っています。

除草作業

除草剤を使わないため、昔ながらの除草作業を行なっています。田植え後、除草機と手作業で草取りを行います。いちばん大変な作業ですが、地域の先達の技を受け継ぐ大切な工程です。

昔ながらの天日干し

刈り取った稲は「はせ」という組み木にかけ、2〜3週間かけて天日でじっくり乾燥させます。時間・労力ともにかかりますが、自然が育む風味を追求しています。