雪が積もるとできるもの。


こんにちは。馬場です。

前回の陽佑さんのブログを見て、自分は神様の前に立った時に何をお願いしてるかなと、考えた時、私も大人になってからは、あまり神様にお願いすることは少なくなりました。子供の頃は、色々とお願いしていたような気がしています。

今年の冬は、雪の少ない日が続いていますが、寒いです。雪が少ない年の方が寒いと、近所の方が言っていました。乾燥して、空っ風がヒューと吹き荒れる感じは、いっそう寒い気持ちになります。

雪が降るとわかることがあります。

何か動物が通った跡、人間の足跡、車の通った跡を見つけた時は、何かここにいたんだなと、わかります。

自分の歩いた跡を見てみると、意外と、がに股で歩いているんだなとか、かかとの部分を引きづっているなとか、発見があります。犬の足跡がかわいかったり、鳥の足跡はとげとげしていたり、車の跡は、タイヤの跡が交わって、どことなく幾何学的で美しかったり、面白いです

動物の足跡が面白いのは、その足跡の形もかわいいというのもありますが、どこから来て、どこを通って、どこへ行っているのかが、見えることです。

昨年の冬に、家の前を横切るまだ新しめのシカの足跡があったので、足跡を辿って裏山の森の中を歩いたことがありました。足跡は、林道を通らず、林道の上の脇の斜面の中を歩いていました。なぜこんな歩きづらいところを通っているのだろうと思いつつ、シカの目線で山を歩いていると、段々と自分がシカになったような気がしてきました。しばらく歩いていると、なんと、そのシカに追いついてしまいました。私に気が付くと、すぐにシカは走って逃げて行きましたが、まさか本当にシカがいるとは思っていなかったので、驚きました。シカの方がびっくりしたと思います。

今年は雪が少ないですが、シカの足跡は至る所にあるので、時間がある時に、また足跡を辿ってみたいと思います。皆様も、時間のある時に、足跡を観察してみると面白いかと思います。

冷たい風の吹く小友から、明日、私も吉祥寺に伺います。お会いできる方々、お会いできるのを楽しみにしております。宜しくお願いします。