こだわりの栽培技術~無肥料・無農薬栽培(自然栽培)、天日干し~

他のお米と、どこが違うの?

  • 農薬・化学肥料はもちろん、有機肥料も一切使用しないのが特徴です。

なぜ、無肥料にこだわるの?

  • 自然の植物を見ると、草も木も花も、肥料なしで毎年元気に育ちます。
  • お米も植物です。無肥料でも、ちゃんと元気に育ちます。
  • 肥料の過剰投入には、水質汚染、主にメタンによる地球温暖化など、自然への悪影響が指摘されています。
  • 代表例が、窒素肥料に含まれる硝酸態窒素の問題です。硝酸態窒素には、過剰に摂取すると健康への悪影響(赤血球の働きを阻害など)が指摘されています。EUでは、作物が含む硝酸態窒素の量に規制値があり、日本でも飲み水に規制値があります。水や作物が、硝酸態窒素に汚染されない農法が求められます。
  • 無肥料の自然栽培でつくった作物は、硝酸態窒素が少ないのです。

例)無肥料の苗と肥料入りの苗の比較

苗の比較写真


少ない収穫量でもつくり続けたい理由は?

  • 通常の半分になります(年によっては、それ以下になることもあります)。その分、価格は高くなってしまいます。
  • しかし、「食」は命を育むもの。「食」を支える者として、第一に自信を持って安心・安全と言えるものをお客様にお届けしたいと考えています。

玄米君とおこめちゃん

天日干しにすると味に差がつくって本当?

苗を天日干しする様子

  • 今のお米は、ほとんどが機械で乾燥させます(通常、1日もかからない)。
  • 天日干しは、太陽の力をかりて、自然の中でじっくり乾燥させます(約3週間はかかります)。
  • 自然の中でじっくり乾燥したお米は、稲が最後までお米に養分を供給し、また機械乾燥のように熱で香り成分がとぶことがないので、風味が違います(炊き立ての香りは、何ともいえない、よい香りです)

食味は?

お客様からの手紙

  • さっぱりしていて食べやすく、ほのかな甘みで飽きのこないお米です。
  • 冷めても美味しいです。
  • 特に玄米は、独特の臭いの代わりによい香りがして食べやすいという声をいただいています。

お客様の声

大切な家族を守り、次世代につながる安心な「食」、「農業」、「環境」のために

お客様にとってのメリット

  • 安全で美味しいお米を、安心してお召し上がり頂けます。

例)自然栽培の作物の特徴~腐らず干からびる。発酵する~

りんごの比較写真


生産者にとってのメリット

  • 自然栽培には、これまでの無農薬栽培の問題を解決し、生産者や環境への負荷の少ない、持続可能な栽培技術としての可能性があります。
  • 自然栽培によって、自信を持って安心・安全だと言える作物を、お客様に提供出来ます。
  • 自然栽培では、毎年自分の田んぼから種もみを採り、それを播いてお米をつくるということを繰り返します。
  • その結果、稲は年々その土地ならではのもの、その気候・風土にあったものに変化していきます。稲はそれぞれの土地で強く生きる力を持ち、生産者にとって育てやすいものになっていきます。
  • お客様にも、年を追うごとのお米の味、稲の変化を楽しんで頂きたいと思います。

自然環境にとってのメリット

  • 残念ながら、農業には様々な環境問題―肥料や農薬による水質汚染、生物多様性の減少、地球温暖化など―が指摘されています。
  • 環境は、私達の次世代、その次の世代だけでなく、私達以外のさまざまな生き物にとっても大切なものです。
  • 環境への負荷の少ない自然栽培の確立は、私達以外のさまざまな生き物にとっても大きな可能性があります。

勘六縁からのメッセージ

このページの先頭へ