「自然と共に生きる暮らしを味わう会」~冬の巻~、今年も開催します☆


こんばんは。
今日の担当は、裕美(嫁)です。

なんだか暖かい晩秋だった遠野。雪がちらついたかと思えば、雨が降ったりしています。暖冬になるといううわさ、本当かもしれません。

大根や人参を収穫して、土の中に埋める作業をしていた馬場くん。土づくりと種づくりをじっくり進めていく中で、この土地にあったものも育てて、少しずつですが販売できたらと思っています。もしよかったらぜひ^^

さてさて、今日は「自然と共に生きる暮らしを味わう会」の、冬の巻のご案内です(毎度、直前になってしまってごめんなさい)。

と き:2018年12月9日(日)10~14時 ※10時集合
ところ:産直ともちゃん(集合した後、近くの公民館へ移動します)
内 容:わらで縄ないをして、お正月かざり作り。その後、杵と臼を餅つきをして、色んな味で楽しみましょう♪

詳細は、以下のご案内をご覧ください☆
冬の巻のご案内。

昨年のお写真。おかざり作り中~
縄ないのはじまりはじまり~ コツがいるんですよね…

ぺったんぺったん餅つき中~
みんなで搗いたお餅、美味しかったなぁ。おなかへった。(笑)

「よいしょ~よいしょ~」と掛け声合わせて♪
このシーン、夢のように可愛かったなぁ。

お申し込みは、前日まで受け付けていますので、もしタイミング合いましたらお声掛けください^^
・電 話:080-1654-8290
・メール:kanrokuennookome2011@gmail.com

春夏秋冬、それぞれに小友の魅力はありますが、特に小友らしさを感じるのは、冬の自然と人の雰囲気。時に厳しく、でもたくさんの恵みをくれる自然。強く優しい人たち。冬はたんたんと、穏やかに過ぎていきます。

私たちもまだまだ学びの途中の、冬の手仕事。皆さんと一緒に体験できたらと思い、3年前に始めた冬の巻です。今年も楽しみであります(お餅いっぱい食べようっと)。

2月には、冬の巻第二弾として、味噌作りを予定しています。ちっちゃな樽にひとつ分、一緒に仕込んでいけたらと思います。また追ってご案内します。

皆さんも、長い冬を予感しつつ、あったかいものを食べてゆっくり過ごせますように。

今日も一日、ありがとうございました。

いいねと思っていただけたら、下のボタンをぽちっとお願いします☆ いつも見てくださって、ありがとうございます。